夢の実現について

本を読む少年

保育士を目指す場合は通常、短期大学か4年制大学で資格取得をするのが普通である。同じ資格を取得して、保育所という同じ職場で働くことを考えれば、どちらに入学しても大差ないように思える。しかし、4年制大学は短期大学よりも在籍期間が長い。つまり、保育現場に就職するのも短期大学生よりも後になる。その分、4年制大学に通う学生は、就職にある程度のハンデを負うことになるのだ。 だが、大学で保育士を目指す場合にも良い点はある。短大生は短い在籍期間中、ずっと保育士資格取得に追われる。だが、余裕のある大学生は、学業以外の経験も積むことができる。在籍期間が長いというのは利点にも欠点にもなりうるのだ。短大生にはできないスキルを学生中に身に着けることにより、卒業後の就職のしやすさも変わってくる。

保育士に必要とされる能力とはいったい何であるか。 まず、保育士を目指すにおいて必要なのはコミュニケーション能力である。また、優しさ、思いやりなども同じく重要と言える。これらを身に着けるにうってつけなのがボランティア活動である。多くの保育所が子どもとふれあうボランティアを募集しているため、参加するのは比較的容易である。また、子どもと触れ合う活動以外でも、老人ホームなどでのボランティアをするのは良い経験である。 端的に言えば、人と関わることができる活動を積極的に行うのが良い。自分の周りの人間関係を広げることで、考えの視野も広まる。柔軟な思考を身に着けることで、様々な状況に対応できるようになる。それは、学生の間も社会に出てからも大きな武器となるであろう。