良い小学校に通う為に

黒板を使う女の子

まず、小学校受験をするに当たっては早期教育が受験になってきます。早いうちから物事の考え方や行動などいろいろなことを自然と身につけさせることにより、より子どもにとってストレスになりにくく指導することができます。 親としては、願書や面接書類の文書を作成するときに子どものアピールが抽象的にならないように普段から子どもを良く観察し、具体的に良い部分を書き出せるようにする必要があります。 相手に子どもの姿が見えていなくても文面だけで長所がハッキリと想像できるように書きましょう。何よりも親が穏やかな心で子どもに接し、気持ちを押し付けることのないように毎日を楽しく学びながら過ごすことが小学校受験にとっては一番重要なのです。

小学校受験で最も重要な試験は行動観察です。小さな集団で協力をしながら何かを成し遂げ、終わってから片付けをするまでが試験官によってチェックされます。 この試験が一番日頃の家庭での行いが出てしまうと言っても過言ではありません。親はこのために普段から我が子がどのようなタイプの子どもなのかを見定める必要があります。 積極的過ぎても消極的過ぎてもいけないのですが、一番はみんなで協力するといった課題をいかに解決しようと考える子どもが一目置かれるのです。 小学校受験を終え、待っているのは集団生活ですから協調性が問われる試験は重点的に対策しましょう。 ペーパーテストも大切ですが、試験官はこれから生徒になる可能性のある子ども自身を良く観察しているのです。